インターネット申し込みの方法

キャッシングをインターネットで申し込みするには、パソコンやスマートフォン、携帯電話が必ず必要です。また、一般的なキャッシングの申し込み同様にパスポートや運転免許証といった身分証明の書類、源泉徴収票のような給与や就業の証明となる書類は必要です。

インターネットでの申し込みの際、必要な内容をすべて入力して申し込みをする場合と簡易的な申し込みをする方法とがあります。もちろん、最終的にはすべての情報を伝える必要があるのですが、簡易的な申し込みの場合にはまず最低限の情報を入力して仮審査や一次審査が終わり問題ないとされた後、残りの個人情報を伝えるという方法です。

どちらの方が審査に有利ということはありません。あくまでも一度に全て終わらせたければフル入力、必要以上の個人情報は伝えたくないとか忙しいから最小限の手間にしたいとか、それぞれの希望スタイルに応じて申し込み方法を選んで問題ありません。

申し込み後、審査が進む中で書類の提出が求められます。インターネットでの申し込みの場合にはスキャナーで読み取ったりカメラで写真撮影をしたりして作ったデータを送信して身分証明や源泉徴収票を提出をします。提出の方法は消費者金融によって異なり、メールで送信したり申し込みフォームに貼り付けたりという指示はメールやホームページでされるのでそれに従って行います。

インターネットからの申し込みのメリット

キャッシングの申し込みがインターネットでできるのには幾つかのメリットがあります。
まずは、いつでもできるという点です。会社員でも主婦でもフリーターでも平日の日中の時間に窓口や無人契約機に申し込みに行くというのはなかなか難しいものです。インターネットからの申し込みができるということは、365日24時間いつでも自分の都合の良い時に申し込みをすることができます。

もちろんどの時間や曜日でもすぐに申し込み手続きが行えるわけではなく、夕方以降になると審査が翌日に持ち越しがされてしまうこともありますが、それでも申し込みに行ける日を調整するよりは早く申し込みを終了することができます。

もう一つのメリットとして、誰かにキャッシングの申し込みをしていることを知られるリスクを減らせるという点があります。窓口は、受付対応を知人にされる心配があったり、無人契約機であっても郊外にあるとはいえ中に入っていく姿を目撃されてしまう不安があります。

インターネット申し込みであれば自宅で申し込みができますから申し込みをしている様子を誰かに見られる不安もないです。また、借入や返済についても銀行口座に振り込まれたりATMやコンビニでやりとりができる消費者金融が多いので人に気付かれずに取引が行えるようになっています。このように利便性や個人情報の観点からインターネットでのやりとりにはメリットがあると言えます。

参考資料〔キャッシングなら新生銀行カードローン レイク公式サイト
インターネットや電話からキャッシングの申し込みができるカードローンです。

インターネットキャッシングを検討する

急な入用でお金が必要となった時、キャッシングを検討する人が増えています。一昔前までは消費者金融からお金を借りるというのはとてつもなく怖いことであり、絶対にしてはならないことのように思われていました。

テレビドラマの中でも出てくるのは暗く怖い印象のある雑居ビルの一室の消費者金融で強面の人たちに囲まれて契約を結び、その後は高い利息に悩まされどれだけ返済をしても借金の返済が終わらず取り立ての電話が鳴り止まなかったり家や職場まで取り立てが来たりというイメージが強くありました。しかし、今はこのようなイメージが一掃され昔よりも借りやすく、さらには無理な返済や取り立てもされないよう借りる金額にも制限がされるようになっています。このような理由から今までよりもキャッシングを利用しやすくなっています。

しかし、いざ借りるとなると消費者金融や銀行系のカードローンなどからお金を借りている事実が家族や友人、会社にばれないかと不安になるものです。電話が会社に来たり、手紙が届いたり、手続きや返済に行っている姿を誰かに見られてしまったりということで人にばれてしまうことはとても不安ですし、融資を受けるにあたって悩むポイントとなるものです。

できれば誰にも知られずに融資を受けたいですし、そう思うからこそ誰かにお金を借りるのではなく消費者金融に借りるものです。そこで、ここでは最近の消費者金融で多く取り入れられているインターネットからのキャッシングの申し込みについて紹介をしていきます。